FC2ブログ

阿波税理士事務所通信

税に関することだけではない、日常で気づいたこと関するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寡婦

年末調整の際の寡婦控除について説明
寡婦控除を受けられる人
 夫と死別、離婚したか、あるいは生死不明である人で扶養親族または生計を一にする子のある人。
 または夫と死別した後婚姻していない人、もしくは夫が生死不明である人で合計所得金額が500万円以下の人。これに該当すれば寡婦控除を受けることができます。
 また、扶養親族である子を有し、かつ、合計所得金額が500万以下である場合、特別の寡婦として控除額が増加します。
 離婚しても扶養親族などがいない場合は、たとえ合計所得金額が500万円以下であっても寡婦控除の対象とはなりません。(所得金額500万円以下とは給料収入だけだと6,888,888円以下の人)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。